ホワイトスポット| 【門前仲町髙木歯科】門前仲町・木場の歯医者・歯科医院

時間
10:00~13:00
14:30~19:00

休診日:木曜・日曜・祝日
☆:土曜日午後は14:00~18:00の診療となります。
※診療時間は変更になる場合がございます。

〒135-0045
東京都江東区古石場2丁目14−1
ウェルタワー深川105

  • メニュー

ホワイトスポット治療

    ホワイトスポットとは

    歯の表面に現れる白色の病変です。
    (White spot lesion)

ホワイトスポットの
原因について

    1、初期虫歯由来

    虫歯は脱灰と再石灰化のバランスが崩れることで発生します。エナメル質表層下のミネラルが失われることにより、透光性が低下して目に見えるような光学的な特性が変化した状態です。
    肉眼で明らかに白色の変色が認められます。

    2、歯牙フッ素症

    諸外国ではウオーターフロリデーションと呼ばれる取り組みにより水道水に高濃度のフッ素が添加されており、う蝕の予防に非常に役立っています。
    その反面、歯の形成期に高濃度のフッ素を歯に取り込むことにより歯の表面に白色や茶色の斑点ができることがあります。
    海外ではメジャーな歯の白質病変ですが、日本ではほぼ起こりませんので気にしないで下さい。
    (フッ素塗布では起こりません)

3、エナメル質形成不全

歯の形成期にかかった病気や栄養状態の不良、遺伝等により歯の表面のエナメル質が上手く作られなかった状態です。
虫歯ではないのですが、エナメル質が正常に作られなかったため正常な部分と比べると結晶構造が変化しているため光の屈折率が異なるため色が白く見えたりします。白色~茶色とカラーバリエーションがあります。

4、MIH(Molar Incisor Hypomineralization)

前歯と第一大臼歯に原局して発症するエナメル質形成不全で、白色の病変の範囲や形成不全の深度は症例によって異なります。
諸外国では認知のある病気ですが、日本では歯科関係者でも知っている人が少ないです。
日本における大規模調査において7-12歳の罹患率は11.9%と諸外国と比較しても同程度の罹患率があるので、国内の歯科関係者への周知が必要です。原因は確定的なものはまだ確定していませんが、エナメル質形成時のビタミンDの不足を指摘する研究もあります。

※参考文献:
エナメル質形成不全(MIH)―わが国におけるMIH発症に関する大規模調査から
J Headlth Care Dent.2014;14:6-12.
科学研究費助成事業 Vitamin D regulates dentalepithelical cell differentiation and enamel formation 平成30年5/18

ホワイトスポットの
治療法について

    ホワイトスポットは治りますか?

    歯の結晶構造に変化が起きているため、自然に治ることはありません。

    また、ホワイトニングでは治せません。ホワイトニングにより歯の明度を高くすることで、白斑を目立ちにくくすることはできるかもしれません。
    後にお話しをさせて頂く低粘性レジン浸潤法の際にホワイトニングを併用することは非常に有意義であると考えられます。

1、切削して治療します

過度に白色が強い場合、もしくは茶褐色が強い場合には完全に色を改善したいのであれば、最小限の切削を行いコンポジットレジン修復でダイレクトボンディングで治療することもあります。

ホワイトニング、
ダイレクトボンディング併用症例

  • Before
  • After

2、非切削で治療します

    ・オパールーストラ
    塩酸の含有された研磨剤で研磨をすることにより、化学的なステイン除去に加えて穏やかな機械的研磨で仕上げることができます。
    深さ0.2mm未満の脱灰したエナメル質を速やかに取り除きます。病変によりまだらになったエナメル質の白色および褐色の病変の治療に適しています。
    表層下脱灰が0.2mm以上の症例、色が過度に強い症例には適していません。
    表層のエナメル質が少し薄くなることにより一時的に知覚過敏が起きる可能性があります。

  • Before
  • After

ホワイトスポット
(アイコン)治療とは

  • Before
  • After

アイコン(Icon)はシーラントに代わる平滑面の予防充填材料です。低粘度の光重合型レジンをエナメル質における初期脱灰部(ホワイトスポット)に浸潤させミネラルの溶出を防止する初期虫歯の予防治療で開発されました。
低粘性レジンを表層下脱灰部に浸潤させることで白色の色の改善を図ることも可能です。

低粘性レジン浸潤法という術式で日本ではまだ馴染みのない治療ですが、諸外国では低粘性レジン浸潤法ではなく商品名であるアイコン治療と呼ばれる程メジャーな治療法です。

アイコン治療の特徴

・生まれつき前歯に白色の変色がある
・歯科矯正治療のブラケットを除去したら白色の変色が目立つようになった

ホワイトスポット
(アイコン)治療の流れ

  • カウンセリング・検査・診断
  • 治療するべき範囲、適した治療材料術式のご相談(自費料金3300円)
  • 治療開始
  • オパールーストラ治療費1歯面22000円、アイコン治療費1歯面33000円
  • オパールーストラもしくはアイコン治療を行います
    (症例によってはホワイトスポット、ダイレクトボンディング併用することも可能)

ホワイトスポット
(アイコン)治療の
よくある質問

Q. ホワイトスポットは
治した方が良いですか?

A. 見た目が気になって口元を気にしてしまうのであれば審美治療を行った方がいいと思います。

Q. アイコン治療は年齢制限はありますか?

A. 歯の形成が終了してからの方が良いと考えます。未成年者にはご両親の承諾証が必要です。

Q. アイコン治療は妊娠中でもできますか?

A. 妊娠中でも治療を受けることは可能です。

Q. アイコン治療は痛みを感じますか?

A. 痛みはほとんどありません。

Q. アイコン治療にかかる期間は
どのくらいですか?

A. 即日終了ですが、回数がかかることもあります。

Q. アイコン治療の治療時間は
どのくらいですか?

A. 1.5~2時間程お時間がかかります。

Q. アイコン治療が受けられないケースは
ありますか?

A. 変色が過度に強い場合や、う蝕で歯に穴が開いているような場合は、アイコン治療を受けることができません。

Q. アイコン治療終了後に起きる可能性のある問題はありますか?

A. 後戻りする可能性、着色してくる可能性があります。

大学レベルの治療水準と保証

※院長の髙木仲人は国立大学法人徳島大学大学院再生歯科治療学分野に所属しており、
ホワイトスポットおける病態の解析、改善についても研究を行って参りますので安心してご通院なさって下さい。



歯でお困りの方はご相談ください

当院では安心して治療を受けていただけるよう、
モニター画面などを使った分かりやすい説明を心がけた診療をしています。
歯科医師の説明を視覚的に理解していただいたうえで複数の治療方法をご提示し、
患者さんが最も納得できた治療をしていきたいと考えています。
歯でお困りの方はお気軽にご相談ください。

TEL.03-6458-5779